“じつしん”の漢字の書き方と例文
語句割合
實心100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人は只實心を旨とし苟且にもく事勿れと然るを言行相反し私欲をしうなす者必ず其の身をすこと古今珍しからずと雖も人世の欲情
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
て早立せし故萬一もの事でも有りしかと立たり居たりする體は實心とこそにけれて申けるは病中にて難儀には候へども捨置れねばてもり出んと支度
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)