“しんしやうはふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
新商法100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
エヽ商法様々ありまするが、文明開化になつて以来でも新発明新発明といふので追々新商法といふものが流行をいたしまする。
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
日本人種といふものは却々器用でござりますから、ち一つの発明をいたし、器械出来て見ると、いて一つの新商法目論見しました。
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)