“しろさや”の漢字の書き方と例文
語句割合
白鞘100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これもどうように、なんの支度らしいよそおいもしていない。ただ、いささか観衆好奇心をみたしたのは、それが白衣白鞘太刀をさした六らしい風采だけであった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
赤靴をき頭髪を分けをり年頃二十六、七歳位運転手風の好男子なり、男の黒つぽき外套のかくしと女のお召コートのには各々遺書一通あり、女のコートの袂には白鞘の短刀をしあり。
芳川鎌子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)