“しりき”の漢字の書き方と例文
語句割合
尻切100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、中で、年の若い男が、尻切草履を突ッかけて、あたふたと、長屋の路次を飛びだして行った。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「星宮君。私の第三話が、もうすこしで、尻切蜻蛉になるところだった。幸い君は生命をとりとめたようだから、サアここへ坐って、あの話の続きを聞いてくれ給え」
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
はげた茶の帽子に、藍縞尻切出立ちと、陽炎さえ燃やすべき櫛目の通ったの色に、黒繻子のひかる奥から、ちらりと見せた帯上の、なまめかしさ。すべてが好画題である。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)