“しりきり”の漢字の書き方と例文
語句割合
尻切100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事件の筋道が尻切トンボになって、有耶無耶になった不愉快さといったらないね。
近眼芸妓と迷宮事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
『浮雲』第三篇は作者の日記の端に書留めた腹案に由ると、お勢の堕落と文三の絶望とに終るのだが、発表されたものを見ると、腹案の半ばにも達しないで中途から尻切とんぼに打切られておる。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
見たは、せた尻切の茶の筒袖を着て、袖を合わせて、手をき、紺の脚絆穿草鞋掛の細い脚を、車の裏へ、蹈揃えて、と伸ばした、抜衣紋手拭を巻いたので、襟も隠れて見分けは附かぬ。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)