“しりきれ”の漢字の書き方と例文
語句割合
尻切100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一昨日は、どうも、つくし殿の名文に圧倒され、ペンが震えて字が書けなくなり、尻切とんぼのお手紙になって失礼しました。
パンドラの匣 (新字新仮名) / 太宰治(著)
尻切草履突かけて竹杖にすがって行く婆さんのから、をかついだ四十男の久さんが、婆さんの白髪を引張ったりイタズラをして甘えた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)