“しよぶん”の漢字の書き方と例文
カタカナ:シヨブン
語句割合
處分100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殺し置き自儘生害なすと云は天下の大法知ぬに武士たる者の爲こと成ず依て暫時るを待ち奉行所へ名乘て出て相應なる處分を受るが至當なれば先其
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見ても解る通り、氣違ひか馬鹿か、それとも恐ろしい惡人かに違ひありません。とにかく人の家へ無斷で上り込んで來た奴です。立派な家宅侵入罪です。どうぞ、何とか處分して下さいまし。
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)