“しようぎだふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
將棊倒100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうして著者つていふには、將棊倒しどころか各家屋直立してゐるではありませんかと。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
大正十四年但馬地震て、豐岡町被害状況概報に、停車場前通四五町町家將棊倒しにれたとあつたが、震災地めて見學した一學生其實状
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)