“しょうせんこう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
商船黌50.0%
昭宣公50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
初め麹町八丁目の鳥羽藩主稲垣対馬守長和の邸内にあったのが、中ごろ築地海軍操練所内に移るに及んで、始めて攻玉塾と称し、次で神明町商船黌と、新銭座の陸地測量習練所とに分離し
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
中御門の北、堀川の東一丁の所にあった時平の居館の名で、当時時平は故関白太政大臣基経、———昭宣公嫡男として、時の醍醐帝の皇后穏子の兄として、権威並びない地位にあった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)