“しゅらどう”の漢字の書き方と例文
語句割合
修羅道100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
板子の下が地獄なら、上も修羅道しゅらどうでござります。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「したが登子、それだけの覚悟で添うには、なお足らぬこの男かもしれぬぞ。古来、弓矢の修羅道しゅらどうでは、伯父おいにして、敵とよびあい、兄弟父子の間ですら、ぜひなくかれて、敵味方の陣にわかれることもある」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)