“しゅうころし”の漢字の書き方と例文
語句割合
主殺100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
汝いつまでも名残なごりを惜しみて此所こゝにいる時は、汝は主殺しゅうころしの罪に落るのみならず、飯島の家は改易となるは当然あたりまえ
孝心の深きに感じ、主殺しゅうころしの罪に落さずして彼が本懐を遂げさせんがため、わざと宮野邊源次郎と見違えさせ討たれしこと、孝助を急ぎ門外もんそといだ