“しぶえちうさい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
澀江抽斎66.7%
澀江抽齋33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
澀江抽斎」を書いた森先生は空前の大家だつたのに違ひない。僕はかう云ふ森先生に恐怖に近い敬意を感じてゐる。
きを覚ゆ。床上「澀江抽斎」を読む。嘗て小説「芋粥」をせし時、「ど全く」なる語を用ひ、久米に笑はれたる記憶あり。今「抽斎」を読めば、鴎外先生も「殆ど全く」の語を用ふ。
夫人は澀江抽斎の夫人いほ女の生れ変りか何かなるべし。
わたくしは澀江抽齋の事蹟を書いた時、抽齋の父定所の友で、抽齋に劇神仙の號を讓つた壽阿彌陀佛の事に言ひ及んだ。そして壽阿彌が文章をくした證據として手紙を引用した。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)