“しつよう”の漢字の書き方と例文
語句割合
執拗100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひろい正義愛、執拗な真実の探求、純粋な生活の讃美、ことにきびしいストイシスム、高邁な孤独な魂の悲痛な表情がそこにある。
博物誌あとがき (新字新仮名) / 岸田国士(著)
私は何でもなしに言ったのだけれど、みさをは、私の言葉がにさわったのか、執拗にだまりこくってばかりふかしていました。
アパートの殺人 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
野田は陰気なむっつりした男で、ときに卑屈に見えるところがあって、好きではなかった。けれども、彼には愛と熱と執拗とがあった。
五階の窓:04 合作の四 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)