“しおよ”の漢字の書き方と例文
語句割合
潮除100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船の一隅、潮除しおよけのしとみの蔭に、とまをかぶっていたふたりの客が、ムクムクと身を起こしてあたりの旅客の様子を眺めた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なぜかといえば、潮除しおよけのとまを払って、三ツのつづらの真ン中へ、竹屋三位卿、どったり腰を乗せて磐石ばんじゃくのごとく構えている。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)