“ぐづぐづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
愚図愚図50.0%
愚圖々々25.0%
遅々25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何を愚図愚図ぐづぐづしてゐるんだえ? ほんたうにお前位、づうづうしい女はありやしないよ。きつと又台所で居眠りか何かしてゐたんだらう?」
アグニの神 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
それとも、ほかに目的があつて、こんな手荒てあらなことをしたのか? さうだ、愚図愚図ぐづぐづしてないで、とにかく警察へ届けよう……いや、あわてちやいかんぞ。
クロニック・モノロゲ (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
田中たなかなに愚圖々々ぐづぐづしとるかつ‥‥」と、軍曹ぐんそう躍氣やつきになつてあしをどたどたさせた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
「こんなに遅々ぐづぐづしてをりましたら、さぞ貴方じれつたくてゐらつしやいませう」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
貴方あなた御承諾なすつて置きながら今になつて遅々ぐづぐづなすつては困ります
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)