“くしゃめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
噴嚔50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるいは身幅みはばの適したるものにても、田舎の百姓に手織木綿の綿入れを脱がしめ、これに代るに羽二重はぶたえの小袖をもってすれば、たちまち風を引て噴嚔くしゃめすることあらん。
学者安心論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ひそめたくしゃめ
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)