“きゅういん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
蚯蚓33.3%
丘胤16.7%
久因16.7%
旧隠16.7%
窮陰16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なに妙な事があるものか。名目読みと云って昔からある事さ。蚯蚓和名でみみずと云う。あれは目見ずの名目よみで。蝦蟆の事をかいると云うのと同じ事さ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そして袖をき合わせてうやうやしく礼をして、「朝儀大夫、使持節、台州の主簿、上柱国、賜緋魚袋、閭丘胤と申すものでございます」
寒山拾得 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
久因重ねてり下るは、——輪を重ぬるの下と読むのだ、それ」
窮陰のあたりなるを忘るべき園遊会は高柳君にとって敵地である。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)