“みヽず”の漢字の書き方と例文
語句割合
蚯蚓100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蚯蚓が土を出て炎天の砂の上をのさばる様に、かんかんと日の照るいてづぶ濡れに冷え切つた身体なり心なりをかせ度く成つたので、書院の庭の
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)