“きみゆう”の漢字の書き方と例文
語句割合
君勇100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君勇』とか『秀香』とか、歌妓めた茶色暖簾が、されて、緋毛氈床几背後に、赤前垂が、甲高つてゐた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)