“おべっか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
謟諛50.0%
諂諛25.0%
阿諛25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でも彫物ほりものでも芸人でも同じ事で、銭を取りたいという野卑な根性や、ひとに褒められたいという謟諛おべっかがあってはい事は出来ないから
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
此者これじゃアなえよ、其奴そいつさきあがっていた奴だ、もっと年をってる奴だア、此奴はの娘へ謟諛おべっかに入って来たんだ、其様そんな奴をなじらなくっちゃア仕様がねえ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
根岸の龜甲屋へも立入ることになり、諂諛おべっかが旨いのでお柳の気に入り、茂二作夫婦とも懇意になりました所から、主人半右衞門が病気の節お柳幸兵衞の内意を受けた茂二作夫婦から、ひとに知れないように半右衞門を毒殺してくれたら
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
あの金持ちの奴らをよ、みんな残らずさ。どいつもこいつも慈悲深そうな顔をしやがって、体裁ばかりつくりやがって、弥撒ミサには行くし、坊主には物を送ったり阿諛おべっかを使ったりしやがる。そのくせおれたちより上の者だと思い込んで、恥をかかせにやってきやがる。