“いずる”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
出流50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第五、上士族の内にも小禄の貧者なきに非ざれども、がいしてこれを見れば、その活計はいるに心配なくして、ただいずるの一部に心をもちうるのみ。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
東日本でも甲州の都留つるの郡、下野しもつけ出流いずる山などがあって、元は全国にわたった用語のように思われる。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)