“金木犀”の読み方と例文
読み方割合
きんもくせい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庭の金木犀きんもくせいは風につれてなつかしい匂いを古びた寺のへやに送る。参詣者は朝からやってきて、駒下駄の音がカラコロと長い鋪石しきいし道に聞こえた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)