“黙語”の読み方と例文
読み方割合
もくご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
漱石氏と前後して浅井黙語、中村不折、相島虚吼、森円月、直木燕洋その他の諸君が洋行して送ってくれる一枚の絵葉書をも、居士は深い興味の眼を以て眺め入るのであった。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
○おとどしの春黙語氏の世話で或人の庭に捨ててあった大鳥籠をかりて来た。
病牀苦語 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
先ず第一に表紙の図案が綺麗で目新しく、俳味があってしかも古臭くないものであった。不折黙語外面諸画伯の挿画や裏絵がまたそれぞれに顕著な個性のある新鮮な活気のあるものであった。
明治三十二年頃 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)