“黄薇”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きび50.0%
くわうび50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黄薇”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
荏土えど黄薇きびとの間に取り替されたからであらう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
霞亭は黄薇くわうびに入つた後に、三原に梅を観、山南さんなすなどりを観、竹田に螢を観た。これが所謂三観である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)