“鳥狩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とがり66.7%
とりがり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鳥狩”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なおこの巻に、「都武賀野つむがぬに鈴がおときこゆ上志太かむしだの殿の仲子なかち鳥狩とがりすらしも」(三四三八)というのがあって、一しょにして鑑賞することが出来る。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
岩見の澤に鳥狩とがりせむ
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
駒場の鳥狩とりがりのこと、その時の拍子木役のむずかしかったこと、馬のこと、酒のこと、煙草のこと、刀のこと、女のこと、など、など、などである。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)