“魔宴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
サバト66.7%
まえん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“魔宴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 英米文学5.9%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
嗚呼、芸術と人生の澎湃極みなき魔宴サバトよ、甲斐多き哉!
浪曼的月評 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
野に憧れて誘蛾灯を灯し、街裏にしけ込んで銀箔のしはぶきに咽びながら僕は、「ユリイカ」の食人種奴カニバルにひつとらへられ、飽くなき魔宴サバトに籠絡されて、手紙なんて書ける筈のものではなかつた。
ユリイカ・独言 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
怪異な舞と歌ごえが、なお一だんとたかまっている。しかもその狂おしい魔宴まえんの高潮を飾るかのように、大廂おおびさしには火の雨すらハラハラとこぼれ降ッていた。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)