“首夏”の読み方と例文
読み方割合
しゅか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
素堂の句は視覚、聴覚、味覚を併せて、首夏な感じを尽しているので、解釈するのに便宜であるが、この孟遠の句はそれほどはっきりしてはいない。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
清和属首夏 清和首夏
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)