“颷々”の読み方と例文
読み方割合
ひょうひょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうして、此方、諏訪明神の、境内もいよいよ寂しくなり、嵐をんだ杉の梢が物凄く颷々と鳴るばかり、他には生物の声さえない。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
折から颷々たる朔風の唸りが厳冬の闇をけ、空には白いものが魔の息吹きみたいにちらつきだしていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのとき三木の城は、ふしぎな静寂にわれていた。墨のような一色の夜の底には、呼吸する人の気もなく、空には颷々と影なく形なく舞う落葉の声が不気味にけめぐって——。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)