“願懸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
がんかけ50.0%
がんがけ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“願懸”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
爾時そのとき辟支仏へきしぶつあって城下に来りしを、かの五百牧牛人うしかい供養発願して、その善根を以てたとい彼女身死するとも残金五百銭を与えて、約のごとく彼と交通せんと願懸がんかけした。
芸事の出来るように、神へ願懸がんがけをすると云って、夜の明けぬ内、外へ出ろ。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)