“頭葢骨”の読み方と例文
読み方割合
ずがいこつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それから耳の底でダイナマイトが爆発して、眼の奥で大火事が始まったかと思うと頭葢骨の中で大地震が揺り出した」
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
まず頭の生皮を剥いで、ついで頭葢骨を上手に割って、そっと脳髄を取りだして、その後へ羊の脳髄を入れる。……アッハッハッ珍なものが出来るぞ。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それからしばし彼は黙祷するものの如くであったが、やがてフランボーの手から鋤をとって「さあこうして元の通りに土をかけねばならん」と云いながら頭葢骨を土に深く押やった。