“雲呑”の読み方と例文
読み方割合
ワンタン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三晩つづけてここで雲呑を食べるのである。そこのあるじは、支那のひとであって、女の子を一人並の客として取扱った。彼女にはそれが嬉しかったのである。
(新字新仮名) / 太宰治(著)
支那そば、雲呑の、うまいところなんか、彼女に、きけば、たちまち判る。
うどんのお化け (新字新仮名) / 古川緑波(著)
……富岡町の支那屋で雲呑を喰ってると、そこへ電話がかかってきたんだ。上品な女の声でねえ……、こいつあ、たしかですぜ。(じろりと娘の顔を見ながら)嘘もまぎれもねえ女の声だったんで。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)