“餛飩”の読み方と例文
読み方割合
こんとん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
板刀麺が喰いたいか、餛飩が喰いたいか、などと分らぬことをいうて宋江をす処へ行きかけたが、それはいよいよ写実に遠ざかるから全く考を転じて
句合の月 (新字新仮名) / 正岡子規(著)