“隠亡”のいろいろな読み方と例文
旧字:隱亡
読み方割合
おんぼう90.9%
おんばう9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ねえ旦那、役署の隠亡がしらは、何九叔って男ですが、あいつはひどく、死人調べには眼がく男だと聞いてますが」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
軒は傾き、壁はくずれて、さながらに隠亡小屋のような気味のわるい小屋でした。もちろん、ただの小屋ではない。
さらさらと骨粉をあけ夕さむし隠亡はよにも手馴れたりけり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)