“鉄粉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てっぷん50.0%
てつぷん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鉄粉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこは鼠色ねずみいろの土ほこりの立つ、妙にすえくさいさびた鉄粉てっぷんのにおう場所で、まだ、ところどころに、まっ黒な水のよどんだ沼地があった。
爆薬の花籠 (新字新仮名) / 海野十三(著)
鉄粉てつぷんのやうに光る芝生の土に沁み込み、
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)