“鈍麻”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どんま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鈍麻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
むしろ動きやすくなっているのだが、それは悲哀の方にであって、笑いの方には鈍麻どんましている。
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
それも普通の方法では、漢青年の疑惑を避けることができないから、あのような面倒な道具建どうぐだてをし、の青年の知覚を鈍麻どんまさせて、あの狂言をうったのさ。
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)