“金松:かさやまき” の例文
“金松:かさやまき”を含む作品の著者(上位)作品数
国枝史郎1
“金松:かさやまき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
木曽の五木と称されている、杜松ねず扁柏ひのき金松かさやまきや、花柏さわらや、そうして羅漢松おすとのろうなどが、鬱々蒼々と繁ってい、昼なお暗いところもあれば、カラッと開けて急に眼の下へ、耕地が見えるというような、そういう明るいところもあった。
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)