“酒肴:しゆこう” の例文
“酒肴:しゆこう”を含む作品の著者(上位)作品数
尾崎紅葉1
“酒肴:しゆこう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お静も今は心を励して、宵の程あつらへ置きし酒肴しゆこう床間とこのまに上げたるを持来もてきて、両箇ふたりが中に膳を据れば、男は手早くかんして
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)