“跪:ひぎまず” の例文
“跪:ひぎまず”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
“跪:ひぎまず”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あや几帳きちょうの蔭なりし、ひぎまずける幼きものには、すらすらと丈高う、御髪おぐしつやに星一ツ晃々きらきらと輝くや
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)