“豊家”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほうけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“豊家”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大阪冬の陣と共に豊家ほうけはあの通り悲しい没落を遂げて、世に大阪城の竹流し分銅と称されてやかましかった軍用金のうち、手づかずにまるまる徳川家の手中に帰したのは、実に六百万両という巨額でした。
「人は知らず、この三成は信じる。直江兼継かねつぐは、豊家ほうけを思う人間のひとりに相違ないと。——彼は、故殿下の御亡前の誓約をたちまち裏切って、秀頼公の天下が、日に日に、家康の手に移ってゆくのを見ておられぬおとこなのだ」
大谷刑部 (新字新仮名) / 吉川英治(著)