“襤褸布”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼろきれ75.0%
ぼろぎれ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空善のふるえる指先の方を見ると、天上の大岩と一緒に落ちた海道丸は、その岩にひしがれて、襤褸布のようになって死んで居るではありませんか。
大江戸黄金狂 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
お前自身の面影は段々淡くなって、その淡くなったところが、聖人や英雄の襤褸布で、つぎはぎになっているからだ。その醜い姿をお前はいつしか発見して後悔せねばならなくなる。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
赤く曇りて襤褸布の燃ゆるが如く
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)