“襤褸船”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぼろふね50.0%
ぼろぶね50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“襤褸船”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ホントウのドン底の地獄生活というのは、コンナ襤褸船ぼろふねの機関室だってことを、世間ではあまり知らないだろう。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
四百噸足らずの襤褸船ぼろぶねに乗つて、私は釧路の港を出た。さうして東京に帰つて来た。
弓町より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)