“行尸走肉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうしそうにく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人もどれほど「王佐棟梁おうさとうりょう」の才であっても、これを利用もせず懶惰らんだに日を送れば、小技しょうぎ小能しょうのうなるいわゆる「斗筲とそうひと」で正直につとめる者に比して、一人前と称しがたく、ただだいなる「行尸走肉こうしそうにく」たるに過ぎぬ。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)