“蚊鉤”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かばり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蚊鉤”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この面倒な法は加州かしゅうやなんぞのような国に行くと、あゆを釣るのに蚊鉤かばりなど使って釣る、その時蚊鉤がうまく水の上に落ちなければまずいんで、糸が先に落ちてあとから蚊鉤が落ちてはいけない、それじゃさかなが寄らない、そこで段〻細の糸を拵えるんです。
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)