“脊梁骨”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せきりょうこつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“脊梁骨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
禅宗ぜんしゅう味噌みそすり坊主ぼうずのいわゆる脊梁骨せきりょうこつ提起ていきした姿勢しせいになって、
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
脊梁骨せきりょうこつがしゃんとそびえ、腰はどっしりと落着いて、じっと眼をつぶって