“聖達”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひじりたち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“聖達”を含む作品のジャンル比率
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
哲学 > 仏教 > 各宗7.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
われ目とあゆみひとしく移して聖達ひじりたちに從ひ、その語ることを聞きつゝ行けども疲れをおぼえざりしに 七—九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
顕真法師の方には門徒以下の碩学、ならびに大原の聖達ひじりたちが坐しつらねている。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)