“羅振玉”の読み方と例文
読み方割合
らしんぎょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その遺稿がめられて、この春、文求堂から上梓されたのである。清末の碩儒で、今は満洲国にいる羅振玉氏がその序文を書いている。その序にいう。
斗南先生 (新字新仮名) / 中島敦(著)