“繩索”の読み方と例文
新字:縄索
読み方割合
じようさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
羅馬の貴人は我をす雨露に似て、實は我をする繩索なりき。むところはだ一の技藝にして、若し意を決して、これによりて身を立てんとせば、成就の望なきにしもあらず。