“織殿”の読み方と例文
読み方割合
おりどの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
抑々本郷二丁目なる桝屋久藏と言る者は備前岡山在の百姓の子にして吾助とは元來懇意成しが此久藏十八九歳の豐前國小倉なる織殿へ奉公に行段々精勤して金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)