“縁生院”の読み方と例文
読み方割合
えんじょういん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茫然と見守っていた亀吉は、歌麿の姿が吸いこまれたのを見定めると、嫉妬まじりの舌打を頬冠りの中に残して、元来縁生院土塀の方へ引返した。
歌麿懺悔:江戸名人伝 (新字新仮名) / 邦枝完二(著)