“練固”の読み方と例文
読み方割合
ねりかた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
屋根に蒲鉾形の丸味を取ったのようなもののなかに、髪を油で練固めた女が坐っている。長柄は短いが、車の輪は厚く丈夫なものであった。云うまでもなく騾馬に引かしている。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)